「闘病中のキミへ」は主宰の闘病体験の
備忘録です。
当時の状態を振り返ると共に
当時の自分自身へ
現在カウンセラーとなった主宰が
かけるであろうことばを記載しています。

同じ様な心や身体の状態にある方々の
多少の助けになれば幸いです。

前回:闘病中のキミへ!vol.23-1人の存在価値とは②

 

焦り

 

息子の一歳の誕生日までに治したい!
誕生日には家族写真撮りたい!
と発症して免疫療法を選択した時
目標を定めた

けれど、一ヶ月、二ヶ月、三ヶ月・・・
一向に良くなる気配のない中
時間だけが過ぎて行く

そして四ヶ月、五ヶ月・・・
もうすぐ発症して半年
息子の一歳の誕生日が近づいてくる

半端のない焦りが襲ってきた
なかなか治らないという焦りと
人前に出たくない
この醜態を晒したくない
という気持ちから来る焦りが混ざっていた

バースデーケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 


自分を信じて

 

『焦っても仕方のないことだと
判っていても・・・
どうしようもなく抑えられない
気持ちになってしまうよね

キミは一日に何度も鏡を見て
“がんばれ、大丈夫、がんばれ”と
自分に言い聞かせてる

そう、その気持ちが後の成功へつながると
今は、しっかりと信じることだよ

きっと、他人は怖くて言えないことばだ
今のキミを見たらね

でも、私は言う
“キミは大丈夫。自分を信じていい”』

 

2010年7月一歳の誕生日パーティ

 

1


とうとう、この日が来ちゃったな、って思った

東京の7月はその年も暑かったのに
首が見えない様に、綿のスカーフを巻いて
予約したレストランへ向かったっけ

言えなかったけど・・・
主人側の親族には会いたくなかったなぁ

一歳を無事に迎えた息子の成長が
とても嬉しいのに
自分の状態でその気持ちに陰がさす事が
悔しくてパーティの間
ずっと泣きそうになるのをこらえていた

何も役に立っていないお荷物な自分の
せめてもの償いとして
みんなにお祝いをしてもらえる場を
成功させたいという想いだけだった

家族写真はあきらめた

時に、無理な目標は心を折るものだと悟った

今から思えば、良い勉強

そう、全てが今となっては良い勉強だ

 

to be continued…..

Sakuko