「どうせ私なんか」

 

そう口癖のように言う母に

「そんな事を言う人のこと

どうやって尊敬しろって言うの?」

年頃の娘は言った

ずっと我慢していたけど


限界がきて言ってしまった・・・

 

それから、母親は「どうせ・・・」と

娘の前で言わなくなった

乱暴な方法だったけど

判ってくれたんだと娘は嬉しかった

 

おやこ
もし、こんな言葉を口にしそうになったら

思い出して欲しい・・・

あなたが自己否定をすると

傷つく人がいるということ・・・

 

そして

最も傷つくのは一番身近な

あなた自身の “こころ” だということを

 

あなたのこころは誰よりも

あなたのことばを身近で聴いているのです