色の話

 

久しぶりに「色」の 話を
したいと思います

カラフル
私は20代の頃から
カラーデザイナーをして来ました
カウンセラーとしてより歴史は古く
無意識的に色彩と共に生活しています

自分が朝起きて選ぶ服の色で
体調やこころの状態が判ります

今日はこんな予定があるから
この服が着たいな~と思っても
その色に何故かこころが動かない
という事もよく起こる事です

そんな時、「ん~、何でだろう?」と
自分に質問してみると
女性特有のホルモンバランスが
大きく関わっていたりします

数時間経ってから答えが
見つかる事もあります
例えば、後から 頭痛がしてきたり・・・

そんな時、「なるほど、だから
朝からブルー系に惹かれたのか~~」と
合点がいくんです

身体とこころは
私の意識より先にそうなる事が
判っているんですよね

恐るべし、人間の能力!

この様に色彩は「色彩心理学」と
言われる学問が存在するほど
人のこころと身体に濃密な
関係があります

 

ブルー(青系)の話

 

ブルーの話が出たので少しだけ・・・

青系の色彩は冷却効果があるのは
皆さんご存知かと思います
湿布薬、頭痛薬、解熱剤などの
パッケージには青系が使われてますよね

あれが赤系だったら
「冷やしてくれるモノ」だという事が
伝わりにくくなり
売れなくなるでしょう

心理的にも冷やす効果があります
冷静にさせるという方が
ピンと来るでしょうか

例えば、いつもけんかがちに
なる人に会う時等に
ついカッとならない様に
青系の服を着ていくのは
おすすめです

夫婦ケンカの最中にも有効ですね

是非、試してみてください