前回のお話はこちらから

唯一の服薬・漢方薬

 

整体の貴公子から
外国人として中国で初めて
漢方薬の何とかって資格を
取得したという方を
紹介いただいた

この際、漢方薬も試してみるか
とその流れに乗ることにした

先生が来日される時に会い
症状を伝えた

後日、郵送されてきた薬は
見た目、その辺の草を
乾燥させたものにしか
見えなかった

煎じる機器にレシピ通りに
葉っぱと水を入れ
待つこと1時間ほどで出来上がり

そして、家中が漢方薬の・・・
(ドライな状態より更にすご~くなる)
・・・においに包まれる

家族にとっては迷惑だったろうと思うが

当時の私にとっては
「ありがたい“におい”だった」

 

直観でOK

 

『頭の中でばかり

考えるクセのあるキミが

段々と、直観で人を受け容れたり

治療法を選択したり

するようになったね

そして、このも治療法もまた

キミにそれを教えてくれる為に

巡り会ったものだよ

その大切さは

まだキミにはわからないだろう

でも、いつか腑に落ちる時が来る』

 

良薬、口に苦し

 

いや~~漢方薬
においも去ることながら
味も結構なものでしたよ~

それでも
一年ほどは続けたかなぁ・・・

ある時
いつもの様に煎じて飲もうとしたら
初めて「おえっっっ!!!」
ってなって(下品ですみません、、、)
もう、これは
「必要ではなくなったんだな」と
感じて終わりにしました・・・

こんなん、よぉ飲んでたな!!って
自分で自分をほめまくりました!

だって、泥水みたいなんだもん
(おえっっっ~~~)

人は生きる為に必要なら
泥水でも飲むって事です
すごいです!

 

to be continued

Sakuko