闘病中のキミへvol.13の続編です。

眠れない

昼間に生後7ヶ月の息子との
1時間の昼寝は何故かぐっすりと眠れる
あとは、自己免疫力を上げる為の免疫療法
オステオパシーの「神様」の治療中に
意識が飛ぶくらいが、確実にとれる睡眠だった。
闘病中のキミへ-ことば過剰反応期vol.5
闘病中のキミへ-ことば過剰反応期vol.6参照)

夜になると眠りたいのに眠れない
そして眠れないから良からぬ事ばかり考える。
だから、夜が来るのが怖い・・・。完全な負の連鎖。

アトピー性皮膚炎もそうだと聞くが、
夜中に副交感神経が優位になる頃に、
かゆみのピークがくるらしい。
だから、眠りながらひっかいてしまって、
朝起きたらシーツが血だらけになっていたりする。

眠る為に試行錯誤した。
飲食物は母乳に影響するかもと思い控えたが、
あとのモノは、色々やった。
入眠効果のあるという音楽、催眠的なCD、
アロマ、枕・・・。
夜中に授乳をしなくてもよくなってきたので、
枕を持って家中放浪した。

何とか、眠れる方法、眠れる場所はないものか・・・。

結果、何の方法も効かないしどこでも眠れない

 

『“諦め”よりはそうだねぇ・・・“見切り”。
その“眠りへの執着”に“見切り”を
つけてみたらどうだろう?
良く言う、手放すっていうのかな?
見放すわけではなく、
そこから離れてみるってこと。

夜だから、眠らなくてはならない
なんてルールはないんだよ。
そのルールへの執着にも
見切りをつけたら楽になれるよ。

少し、勇気のいる事だね。
でも、信じる事だ。
何よりもキミ自身を信じる事。』

 

もう、開き直ったろ!
わずかな昼寝の時間を楽しも!
眠れなくて死ぬ奴はおらん。
死ぬ前には眠れるやろ。

仕事もできない
家事もできないけどさ、
他の誰にもできない
立派な仕事ができるじゃない!

“授乳”

とりあげてくれた助産師さんから
生まれて早々、
「おっぱい星人だね」と呼ばれた我が子は
おっぱい吸いながら気持ち
よさそうに良く眠るんだよね。

生後数年間は、
母子はまだつながっていると言う。
私の代わりに、
息子がぐっすり眠ってくれれば
それで、良いのかもな~ってね。

自分をなだめすかして、
眠る事への執着がとれたら、
少し気持ちが軽くなった気がするわ。

どんな事でもそうかもね。
出来ない事に執着してる内は報われない。
執着はエゴだからね。

 

to be continued….

Sakuko

 

[subscribe2]