やっと本題に突入!色のお話です
お一人でも多くの方に、
「見えない」けど「感じる」という感覚・・・
むか~しの人は皆持っていた
このステキな感性を取り戻して欲しい!
という思いで、色んな色について
お話していこうと思います!

ま、気まぐれなんで、ルールや規則はいっさいナシ!

紫1さて、一回目の色は・・・

色彩心理の側面から
「高貴な色」、「宗教的な色」、
「憂いのある色」、「癒やしてくれる色」・・・等々、
まさに色々なイメージと波動を持つ色は何だと思いますか?

 

そう、「」です

(栄えある一回目に選んだのは
ただ単に好きだからです^^)

 

虹の七色の中で
紫は最も「精神性」に関わる色
チャクラで言えば頭のてっぺんの色ですね
色の持つ周波数が最も高くて
精神を崇高な位置に到達させます

そしてスピリチュアルな力
癒やしの力、直感的な能力
などを磨くことのできる色です

ですので、昔から宗教色、聖職者の色
とされて来ました

「高貴な色」「宗教的な色」

というイメージはこういうところから
きているのですね

 

「憂いのある色」というイメージは
その逆の意味とも思われますが・・・

紫は「赤と青」の混ざった色です
赤はセクシャリティな情熱の肉界
(やっぱり赤の下着はセクシ~~)

青はプラトニックで冷静な精神界
(青はやっぱりク~~ル)

この二つの要素がどっちつかずで
複雑な恋愛感情を生むんですね
そう「悩ましく憂う心理」を呼ぶのです
(元々、恋愛は平常心では
できないし複雑です
悩む為にする様なもんです
悩む事を楽しめるのが「良い恋」かなっ^^)


恋話はまたゆっくり時間をとりましょ♡

 

そして・・・
何と言っても「癒やし」の力
抜群の「紫」!!
疲れたときには・・・
小物などの小さい面積から
取り入れてみてはいかがでしょう!?

いきなり、全身紫コーデとか
いきなり、髪を紫に染めるとか
(たまに白髪染めで
紫にしていらっしゃる方見かけますね
世を憂いているのでしょうか・・・?)
はやめましょう!
みんなの迷惑になります