今の状態面倒臭い2は「過去の自分」が望んだ通りの姿になっているのだと言います。

いやいや、こんな状態望んでないし~!と思う人も多いでしょう。「もっと、出世したいと思っていた」「もっと、お金持ちになりたいと思っていた」「もっと、有名になりたいと思っていた」「もっと、幸せになりたいと思っていた」「もっと、元気でいたいと思っていた」・・・

でも、実現しなかったのは
その為にするべき
めんどうくさい」事を
「やりたくない思い」が
「〇〇になりたい思い」に勝ったからです

そう望んだ通りに
するべき事をしなかったのです
何かを言い訳にして・・・
思い当たりませんか?

だから、その「思い」そのままに
今の自分があるのです

 

病になってしばらく
「まさか自分がこんな事になるなんて」
「私が何か悪いことをしたのか?」
「なんで、私がこんな目に!?」
そういう念いがこころを支配していました

自ら望んで
病になる人なんていません
私だって、そうでした
でも、健康でいる為に
何かをしていたかと言うと
何もしていませんでした

むしろ、良くない事は
たくさんしてましたね・・・

何かしらの身体からのサインも
ちょくちょく気付いては
知らんぷりをしていました
大丈夫、ちょっと疲れただけだろうと
見て見ぬ振りを決め込んでいました

なぜなら、それと向き合ってしまうと
「めんどう」なことになるかも、
と思ったからです
そのサインと向き合うより
「めんどう」を起こさないことを
望んだのです

 

過去の自分が望んでいたのは
ずっと健康で生活出来る為に行うべき
「めんどう」な努力を
「したくない」という事だったのです

「なんで私がこんな目に!?」なんて
どの口が言ってるんだって話です
と、今になって思います・・・

では、後の祭りにならない為には
どうしたら良いのか?

【めんどうくさいを楽しむ】こと
それが「辛い」に一を足して
「幸せ」にする
成功の秘訣なのだと思います

 

今の自分が「一番めんどうくさい」
と思っている事こそ
未来の自分が「一番しておけば良かった」
と感じる事なのです

そう思えれば、未来の自分の為に
めんどうくささを少しは楽しむ事が
できるようになる気がしませんか?