分かるわけない!


よくね、人の悩み聞いて
「辛いわね~分かるわ~、
お察ししますぅ」

なんて言う人がいる

「うそつけ!」って思う
っていうか「むかつく」

「わかるか!分かるわけないやろ!」ってね
何故かって、当然でしょ?

だって全く同じ体験してる人
なんている訳ないんだから
同じ感情を味わった事があるわけない

ないんだから分かるわけないし
お察しもできるわけない
それなのに、「分かるわ~」
なんて、笑える
薄っぺらいうわべだけのことば

 

小さなろうそくでいい

 

『そう、あの頃のキミもそうだったね
「分かるわ~」って言われて

「あんたに、この苦しみが
分かるわけないやろが!
ふざけんな!」って
どつく妄想してたね

パンチする女性

病になって真っ暗な渦の中に
急転直下で堕ちた頃だった

周りが暗過ぎて目が見えないから
音に敏感になっていたんだよね

暗闇に手がかりは
他人の「ことば」だけ

そんな状態だから
「ことば」に敏感になっても仕方ない

そんな時には・・・
小さなろうそくでいいから灯してみよう
そしたら、すこ~し周りが見えてくるよ
うっすらとでも良いから
何かが見えたらそれでいい

いつでも、小さなろうそくが
あれば周りの景色が見えるんだ
そのことを忘れなければ
それでいいよ、十分だから』

 

渦の中でぐるぐるしている人へ

 

・・・という訳で・・・

今、似たような渦中にいる人や
その周りにいる人に

こうやって渦巻きから抜けた奴も
いるんだよって知らせたい
という念いだけで
闘病体験を綴っていこうと思う

渦の中にいると
ぐるぐるぐるぐる回っちゃって
目も心も身体もくらっくらになる

そうする、人って感じたり考えたり
する事が普通に出来なくなる生き物らしい

そんな風にぐるぐるしちゃってる人達に
こういう感じ方や考え方もありか~~?
って少しでも心に引っかかってくれたら
それでいいと思ってる・・・

これから、過去のつら~い病の
渦の中でぐるぐるしてる私を
現在カウンセラーになった私が
見つめてゆこうと思う

 

(本当は、来年辺りにゆっくり
スタートしようと思っていたけど
手の焼ける友の為に急遽繰り上げた

全く、迷惑な奴だ
人の言う事を昔から聞かない奴で

珍しく言う事聞いたなと思ったら
すぐに飽きて気付いたらやめてる

それで、切羽詰まって慌てる
周りの心配とか
こいつは何とも感じてないのか!
って腹立つ事もしばしば

そんなんだけど
いてくれなきゃ困る
いなくなったらヤダ

だから、私にできる
小さな事をやると決めた

何の役にも立たないかも知れない
でも、やろうと決めた
自分を信じてこんな形をとることにした)

 

ちょっとそれちゃった^^;
長いと読むのも面倒になるので、この辺りで。

 

to be continued…..

Sakuko